【秋葉原】神田明神

みなさんこんにちは!奥村はなです!

本日は2021年1月某日!
八咫烏鬼灯と初詣デートにに行ってきました!はなの楽しくて愉快な同期の鬼灯!
自身で作成した衣装でコスプレをするレイヤーさんです!天才です!最近着物のお勉強もしているらしく私服でも美しい和服姿を見せてくれるのが素敵です!本日も袴姿で最高!

神田明神image1

これは靴紐を結ぶ鬼灯、綺麗な服着てる人がしなさそうな仕草って好きなんだよね…思わず撮ってしまった。
さて本題!!今日は初詣をするのです!!向かう先は神田明神さん!レッツゴー!!

神田明神image18


はなは、神田明神初めてなのですが階段が長くて息が切れる…もっと運動してくればよかった…
神田明神image19

2030年に創建1300年を迎えるそう…!

~ホームページより~
文化の鼓動を生む。人と街をむすび、時の文化が響く場所へ。

神田明神は1300年前からずっと、先進の文化をつむぎ、発信し続けてきました。

たとえば江戸時代には江戸国学という学芸文化や茶道文化が発祥。
境内では実に多彩な行事が催され、時代の文化が脈打ち花開く場所でした。
現代では歴史文化の維持保存のみならずポップカルチャーとも共鳴し、
神田祭においては流行やデジタル技術を取り入れて、
新しい日本の祭りの創造をめざしています。

なぜ、神田明神がこれほど寛容なのか。

それは、いつの時も今この瞬間を生きる人々とともに神田明神はあるからです。

氏神として守る神田、日本橋、秋葉原、大手町・丸の内などが、
伝統を有しながらも新しい価値を生み出し続けている街だからです。

文化とは時時の人々の生き方や街のあり方を認め、
受け入れていく先に生まれるもの、そう私たちは考えます。

正統か異端か、ではありません。

人と街と神田明神。価値観が流動的なこの場所にあり、長い時間の節々で
さまざまな縁をむすび、ともに歩んできたからこそ、常に江戸・東京の、
さらには日本の新しい文化を育んでこられたのです。

5年後、10年後、さらには100年後。世の中は大きく変わっていくでしょう。

どんな明日が来ようとも、神田明神は時の文化の鼓動を生み、響きわたらせる場でありつづけます。

神田明神創建1300年




本堂に着きました!毎年多くの人が初詣に来ますが今年は例年より人が少ないらしい!すぐに参拝することができました!
神田明神image20

そして初詣といったらおみくじ!!色んな種類のあるおみくじの中から、2人が選んだのはこれ!
神田明神image21

とんぼ玉根付入のおみくじ!見た目も可愛いおみくじに心奪われました!
中に可愛いとんぼ玉が入っていました!2人ともデザインが似ていて可愛い〜!お揃い〜!
神田明神image22

はなはリュックにつけちゃったー!いつでも一緒に持ち歩けるー!!そうだ!おみくじの中身よね!!!はなは、大吉!鬼灯は小吉でした!あまりおみくじの写真を撮るのは良くないみたいなので内容の写真はありませんがどんなこと書いてあったか気になる方は是非本人達に聞きにきてください〜!

なんとオンラインでグッズの購入が出来ます

「御祈祷やお守り・お札は、神社にご参拝いただき、お受け頂くのが本来ですが、新型コロナウィルス感染症対策や諸般の事情で、どうしてもご来社ご参拝が叶わないご崇敬者のために、郵送等(国内のみ)による対応も承っております。」

とのこと。

そして歩いてると鬼灯がいきなり
「そういえば、ここ、羊?ヤギ?馬?がいるんだよね」
と言い出しまして、慣れた足取りで歩いてると…
ドン!!!馬!!!ほんとにいた!!!
神田明神image23


大きな銅像とかそんなのだと思ってた!本物だ!すごい!テンション上がった!
ポニーのあかりちゃん!!!!
神田明神image24

すごく大人しくてあまり動かないけど可愛くて何分かお話しました!だけど言葉通じなくて断念…
神田明神image25

さよなら、あかりちゃん!また来るね!
神田明神すごいなー!ポニーいるんだもん!!

神田明神
公式 Twitter

営業時間
24時間営業

電話
03-3254-0753

住所
東京都千代田区外神田2丁目16−2


関連記事